英語・英会話の実力を加速するためのリスニング教材

リスニング教材

カテゴリー
英語学習ドットコム>リスニング教材 >英語リスニング・クリニック

英語リスニング・クリニック

英語リスニング・クリニック 人気ランキング : 10,329位
定価 : ¥ 2,625
販売元 : 研究社出版
発売日 : 2000-08
発送可能時期:通常24時間以内に発送
価格: ¥ 2,625
リスニング学習の実況中継

この本は、二人の主人公(患者=英語学習者)を通して体験するリスニング学習の物語もしくは実況中継です。ですから、電車内などで、CDを使う部分は読み飛ばしつつ、一度全体をさらっと読んだ後で、机に向かった学習に移った方が効率が良いと思います。学習する内容は、オーソドックスな通訳訓練の手法ですが、あらためて各手法の重要性が、物語を通して疑似体験できます。発音/語彙の重要性、シャドーイング/リプロダクション/スラッシュリーディング(リスニング)の効果、テーマを絞った読書の効果、多読(聴)と精読(聴)のバランス、ノートテイキング/逐次通訳の注意点などです。
読み物として面白かったのは、主人公の一人「山田早紀」のアキラ先生への恋心、アキコ先生の「中身のある英語(ペラペラうわべ英語からの脱却)論」などです。グラマーなユミコ先生にも是非教わってみたい!
最後に、リュウコ先生ファンとして一言「リュウコ先生!DLS法の独習本出して下さい。待ってます!」

リスニング向上のためにはベストの本

この本はあまたある英語のリスニング力を高める本の中で、私は最高のものだと思う。同時通訳者として有名な4人がどうしたら日本人が特に弱いリスニング力を伸ばせるかを、ふたりの生徒を実験台に見せてくれる。他のリスニング専門の本に多くある、この音とこの音がつながって聞こえるから日本人には聞こえないなどのくだらない一時しのぎ的なリスニング向上書ではなく、実際リスニングを向上させるにはこれだけたくさんのことを、毎日やっていかないといけないんだということがわかり、正直言って「大変すぎてめげそう」になるが、結局は急がばまわれなのだろう。私は4ヶ月に1度のわりで、この本を読みながらCDを最初から聞いている。
欲を言えば、この本では生徒がやらされるすべての問題が本やCDに入っていない。例えば発音の問題では100問、生徒がやらされているのに、本では20問しか載っていない。また、生徒には宿題も出ているのに、それも載っていない。さらにシャドーウィングにしても、テキスト上では先生が時々テープを止めて区切っているのに、CDはそのようになっていない。できれば、すべてを網羅したものをもう一度このレベルで出してもらえないだろうか?

納得の一冊

内容的には、最近紹介され始めたトレーニング方法と重複するところもかなりあるが、値段の割にはトレーニング素材が充実している。
特に、自分で使いこなせる語彙と認識すべき語彙のギャップの激しい人は語彙の強化をしなければならない、と言うようなことは、当たり前のことかもしれないが、本書を読んであらためて気付いた。
私は後半に出てくるタイプに近かった。自分の足りない部分を強化しようと思う。
本書の唯一の欠点は、発音自体の解説が不十分であること。早口言葉をいくら練習しても滑らかなカタカナ英語になるだけ。この部分には誤解を招くような表現もあったため、評価を下げて申し訳ないが星を一つ下げた。
もちろんそれがこの本の出来を大きく左右するわけではないが、厳密に“通じる英語を目指す人は、発音専門書を一冊、同時に仕上げることをおすすめする。

英語を聞くことは発音をしることのようだ

 確かに、発音について聞き取る訓練をすることで、何を言っているのか、つまり、実際そんな単語があるかどうかは別として聞き取れるようになってきた。 今までは、語如語如としか聞こえなかったノイズが、チューニングを合わせたかのように”eigo”として聞き取れ始めたからあら不思議。これからは、聞き取った音声が間違ってないかを確認するためにも、単語と言い回しの基本である文法を憶えなければ。
 ひとつ不満をいえば、収録されている音声の中に、癖のある英語を話す人が多いことくらいかな。初心者には余計に難しいです。

ぞっとするほどに

この本の患者である佐藤雄太(の英語歴)はぞっとするほど私にそっくりだった。英語歴、弱点、何もかもがそっくりだ。頭が固く、自身がない、それでいて、英語力を伸ばして将来に生かしたい、という気持だけはだれにも負けない。実際私も、個人レッスンを受けたことがあり、同じようなメソッドを用いて同じような指摘を受けていた。違うのは、先生はとても優しく、間違いを辛らつに指摘することが無い点だ。先生の私に対する苦笑いの裏にどんな感情と分析が隠されていたのかを垣間見るようで、なんだか恥ずかしくなった。
CDを使って、もう一度リスニングをやり直しだ(と妙に意気込むところがまた佐藤雄太にそっくりだ)リラックス、リラックス、そして集中!