英語・英会話の実力を加速するためのリスニング教材

リスニング教材

カテゴリー
英語学習ドットコム>リスニング教材 >900点突破!TOEICテスト リスニング完全制覇

900点突破!TOEICテスト リスニング完全制覇

900点突破!TOEICテスト リスニング完全制覇 人気ランキング : 12,225位
定価 : ¥ 2,625
販売元 : ジャパンタイムズ
発売日 : 2000-03
発送可能時期:通常24時間以内に発送
価格: ¥ 2,625
総合的なリスニング強化には良い本だけど、違うクセがつくかも!

パート3,4に焦点を絞った本でトレーニング方法を工夫しています。詳細情報を聞き取るトレーニングと長時間情報を維持するトレーニングを採用していてリスニング強化としては非常に良いものだと思います。
しかし、質問数が多くなっているトレーニングなどは下記のようになっていることをお伝えしておこうと思います。
  1. 質問数が多い代わりに、質問文・内容が本番より簡単になっている。
  2. 質問がマテリアルの時間順に問われているので、聞きながら1番を解いて2番を準備するというストラテジーになってきてしまう。
   (つまり、前半は聞いた直後に解いてしまったらマテリアルを全部聞き終わらなくても忘れてしまっても良い。)
僕は、本書はマテリアルも良いし、トレーニング方法もTOEIC対策ということを除けば非常に良いものだと思います。
ただし、TOEICのリスニング対策限定で考えると必ずしも最良ではないと思います。むしろ、本番同形式のマテリアルを数多く解くほうが効果的だと考えます。
ちなみにリスニング475点でした。

現在860点。この問題集は次の受験の課題。

現在私はのTOEICのスコアは860点です。目標を930点として、暇な時間に勉強をしています。本日、TOEICの第109回の試験だったのですが、油断していてリスニングで点を落としたように思います。
このような現在の私にとって、本書は次のテストへの課題となっています。本書は難易度が高く、実際に問題を解こうとするとすぐ躓いてしまいます。筆記問題だったらすぐに次の問題などに移って気もまぎれるのですが、聞き取りのため、躓いたらその問題全体がわからなくなってしまい、挫折感が大きいのです。そして、つい本書に手をつけるのが遅くなりリスニングで点が伸びないということが続いています(2回)。
ただ、本書で使われている例文、語彙、会話のスピードなどは、実際のTOEICの延長線上にあり、慣れればそれほど難しい会話をしているわけではないので、やはり、手をつけることが大事だと思います。本書に慣れてしまえば実際のTOEICのリスニングのときに余裕が生まれ、高得点が望めると思います。
お勧めです。

Part I IIも対象にしてほしかった

900点を目指す人にはちょうどよいレベルを対策本だと思いますが、リスニングに関しては、個人的にはPartIIの方が苦手の方が実はおおいのではないかと思っていますので、この部分を補強したい人のために補足的な内容にぜひ改定した方がよいのではないかと思いました。各自の特性の違いがありますので参考にはならないかもしれませんが。

集中力の鍛錬。

高得点をねらうにあたってのネック、パート3・4の対策に絞った問題集。実際のTOEICよりもリスニングする情報量が多く、ハイレベルなつくりになっているのでこの問題集を繰り返しやれば「お天気情報」「交通情報」の数字情報・曜日情報などスクリプト中の「キモの情報」を残さず聞き取る集中力が養えると思います。
これをやった後に他の問題集やると随分易しく感じます。タイトル通り900以上目指すひとはもちろん700前後くらいのひともしつこくやれば慣らし・集中力アップに効果的と思います。

集中して聞く訓練になる

これから、TOEICで高得点を目指す方にお勧めの本です。これほど実際の問題は難しくありません。TOEICリスニングの攻略方法のひとつとして、「何も聞き逃さないためのリスニング能力を身につける」ことは非常に大事です。TOEICでは、会話の前半に解答への鍵があることが多いので、この教材を使うことは、「最初から集中して聞く」という訓練になると思います。また、TOEICの場合、問題の先読みが高得点獲得の重要なポイントになっているので、ひとつの会話に対して、通常よりも設問を増やしているこの教材を使うことによって、その力を養うことができると思います。
全体の問題が少ないこと、また、日本語で行うトレーニングに疑問を感じるので、☆4つとさせていただきます。