TOEIC対策ならこちらで。TOEICで高得点をとるための教材を揃えています。

TOEIC対策

カテゴリー
英語学習ドットコム>TOEIC対策 >確実に手に入れるTOEICテスト900点獲得のルール

確実に手に入れるTOEICテスト900点獲得のルール

確実に手に入れるTOEICテスト900点獲得のルール 人気ランキング : 5,956位
定価 : ¥ 2,100
販売元 : 旺文社
発売日 : 2004-09
発送可能時期:通常24時間以内に発送
価格: ¥ 2,100
970点獲得しました

TOEIC対策としてはこれ一冊しかやりませんでしたが十分でした。
この本で出題パターンや解法などの「コツ」(ここでは「ルール」と呼ばれている)を把握し、
練習問題&模擬テスト(韓国時事英語社の質の良い問題がついてます)を解きました。
あとはとにかく英語の文章を多読すること。これでバッチリです。
基本的な英語力があり、更に点数アップを狙う方、
即効性を期待する方にもお勧めできます。
トリックや裏技だけで点数をあげることしか教えず
まともな英語力がつかないTOEIC本がたくさんあります。
その中でこの大戦略シリーズは、どれもよく研究・分析がされていて解説も丁寧です。
点数に見合った英語の力がつくように工夫されていると思います。

英語上級者用お手軽対策本

海外赴任の終了に伴い、英語力の落ちない内に手っ取り早くTOEICの対策をできる本を探していた。
結論から述べると、時間配分や、「この問いでは選択肢を先に読め」といった高得点を挙げるためのコツが良くまとめられており、試験対策本としては合格点をあげられる。
しかし、内容や難易度に目を移すと、英語上級者を相手にするにはやや平易と感じる。本書は、「スキーマを活用せよ」とか「パラフレーズ(言い換え)はこう見抜け」といった問題攻略のテクニックを計23個紹介しているが、その多くが難関大学の受験参考書で見たことのあるものばかり。TOEICとしては難易度の高い問題を集めているが、それでも特にリーディングの演習問題は平易すぎるのではなかろうか。英語上級者を相手にするならば、すべて英語で本を書く程度の気合があってもよい。英語上級者には、若干の物足りなさがある本ではなかろうか。

935点とれました

すでに800点以上に到達している方には不必要と思われる簡単な問題ははじかれていますので、高得点者が本当に必要とする情報やテクニックだけを、試験の直前で頭に叩き込むことができます。貴重な時間をムダにせずにすみますよ。900点前後で伸び悩む方にもオススメします。使われているのが韓国の時事英語社のものということで、かなり本番に近い問題に触れることができると思います。

最新傾向を反映した適切な問題セット

 少し古いTOEIC対策問題集のようにパート5・6の語彙レベルが低すぎるということはなく、かなり現在のTOEIC本番に近い問題セットになっています。リスニングパート3・4は選択肢長めのセットになっており、先読みのよい訓練になるでしょう。
 ただ、このシリーズ全体にいえることですが、写真が小さいのがちょっと困ります。大したことではありませんけども。それと、パート7はもう少し手ごたえのあるセットでもよかったのでは?800を超えている人なら、拍子抜けするかもしれません。

900点取るために

900点以上という高得点を取るためのテクニックが多く、わかりやすく記載されています。特に問題を解くプロセスがわかりやすく書かれているのが、これまでの参考書とは一味違う点だと思います。でも、リスニングが苦手な私にとってはリスニングのルールが6つだけというのはすこし残念です。